1つの職業だけじゃない働き方

1つの職業だけじゃない働き方 働き方

お疲れ様です!! U-toです。

このブログでは働き方というワードについても触れていきたいと思っています。

今僕はパラレルキャリアという働き方はとても素晴らしいと感じています。

そんな今日は1つの職業だけじゃない働き方について書いていきたいと思います。

働き方改革

今の時代1つの職業だけという考え方は古くなっているのではないでしょうか。

僕も昔は会社に就職してそこでずっと働いていくものだと思っていました。

その仕事が楽しくて満たされているならいいと思います。

しかし今回のコロナみたいに突然仕事を失うときもあります。

大手が潰れる時代になってきています。

僕はIT企業をやめて音楽の道に進んで今は事務所を経営していますがありがたいことにいろいろな働き方をしているおかげてリスク分散できています。

どの働き方ができなくなってもほかの働き方で生きていけるということです。

音楽での働き方

僕がしている音楽の働き方はこんな感じです。

  1. 事務所経営
  2. アーティスト活動
  3. アーティスト支援
  4. イベント主催
  5. Music Support
  6. ライブハウス運営協力

裏方も表の活動も両方こなしているのが大きな特徴かもしれません。

コロナの影響もあり4番目のイベント開催がまったくできなくなってしまいました。

それに付随して6番のライブハウス運営協力もなかなか活動が難しくなってます。(新しい事業の提案をしているので止まってはいませんが)

しかしこの2つが潰れたとしても残り4つはしっかりと動いています。

  1. 事務所を経営しアーティストをプロデュース、作詞作曲、プロモーション
  2. リリース、楽曲制作などMost Lady Killerとしてのアーティスト活動
  3. Bright Soundグループメンバーへの活動支援、打ち合わせ、今後の活動の流れの把握
  4. 単発での仕事の依頼や他社から騙された人への相談(後日詳しく)

動けていない事業が2つあっても4つがしっかり動けていればコロナの影響はないに等しくなります。

リスク分散を

もちろん音楽というカテゴリーで自分なりに分散して仕事にした結果がこれですので他の職業で当てはまるとは思っていません

また本業+副業など違う職種でパラレルキャリアとして働いている人もたくさんいます。

パラレルキャリアを推奨している人は共通して人生を楽しみたいとかやりたいことがたくさんある人なのですがコロナだったり会社が潰れたりする時代ですので備えあれば患いなしです。

もし興味がある仕事があるなら今だからこそ積極的に検討してみてください。

もちろん最初は仕事にならないかもしれませんがそれがいつ収益をあげるかはわかりません。

今の時代働き方は1つではないので是非楽しんで自分らしい働き方をしてください。