配信リリースをした1週間後に絶対聞いてほしいこと

アーティスト支援

お疲れ様です!! U-toです。

アーティストにはリリースしてなんぼということを常に言っています。

実績が作れるのと自分の立ち位置やデータが取れるというメリットがあります。

しかしリリースするだけでは意味がありません。

今日はリリースして1週間後に事務所に聞きたいことをテーマに書いていきたいと思います。

初動

リリースした日にどれだけダウンロードされてたかという数字のことを初動と言います。

最近ではダウンロード数とストリーミング数の合計で計算しています

もちろんダウンロード数が多いほうがアーティストや事務所の利益もあがりますが利益よりもたくさんの人に聴いてほしいと思うアーティストが多いのでストリーミング数も重要視されています

ダウンロード地域

自分を応援してくれている人がどの地域にたくさんいるのか知るのも大事です。

それによってプロモーションを変えることも練りなおすこともできます。

自分の地元や活動地域でのダウンロードが多いのならそれはリリースがうまく伝わっているということです。

その他の地域でダウンロードされているならそれは自分の名前を広げるチャンスだと捉えてください。

リリースオプション

リリースして数日たってから新しくリリースオプションを使用してまたリリースしたのを思い出してもらうというプロモーション方法があります

どんなプロモーションが効果的なのかどんなプロモーションができるのかを確認してみてください。

例えばBright Soundならジョイサウンドやカラオケの鉄人などのカラオケ配信やTik Tok、FacebookやInstagramなどの楽曲提供、街頭ビジョンなど数多くのオプションを用意しています。

事務所によってできることが違うので是非確認してみてください。

リリースしてからがスタート

リリースをしたことによりうれしくてそこがゴールと勘違いしてしまうアーティストが多々います。

それは思い出リリースになってしまいリリース損です。

そうならないためにリリースしてからがスタートだとしっかり意識をしましょう。

事務所から上記のことを言ってくれることはほぼないのでしっかり事務所から聞いて次回リリースをどうするべきなのか考えてみてください。