Demo、Digital Single、Singleの違いを理解しよう

お役立ち情報

お疲れ様です!! U-toです。

Digital SingleなのにSingleと書いていたりDemo SingleなのにSingleと書いていたりするのをよくSNSで見かけます。

用語や知識は教えてもらったり自分で調べないとわからないことが音楽業界はたくさんあります

また事務所の人間がそれについて教えてくれる時間を取ることはほとんどありません。

今日はDemo Single、Digital Single、Singleについて書いていきたいと思います。

アーティストはしっかり用語を覚えてくださいね。

Singleとは

Singleというのは全国流通をしているCDのことを指します。

全国流通とは事務所でCDを制作し流通会社から各CDショップや通販サイトに販売をするリリースのことです

CDですのでもちろん盤(物)があります。

CDを全国流通しているということはインディーズデビューをしているということです。

Digital Singleとは

Digital SingleというのはiTunesやレコチョク、Amazon Musicなどの音楽配信のことを指します

このDigital Singleにも2種類ありダウンロード配信とストリーミング配信があります。

ダウンロードは1曲250円で購入しダウンロード期間が過ぎても永久に聴ける配信のこと。

ストリーミング配信は月額で楽曲聴き放題という配信のこと。

このストリーミング配信は巷ではサブスクと呼ばれています。

アーティストと打ち合わせをしたときによくサブスクということばを聞きますがあまり理解していないで流行っているからという理由で話題に出すアーティストが多いのでここでしっかり理解しておきましょう。

Demo Singleとは

Demo Singleとは路上限定や会場限定、ホームページ限定といった自費出版のことです。

もちろん全国流通はしていません

Demo SingleなのにDigital SingleやSingleのリリースという表記にしているアーティストがいます。

もしホームページなどで間違った表記をしている場合は今のうちに1st Demo Singleや会場限定 1st Singleのような文言に書き換えておきましょう。

正しい意味を理解しましょう

Singleとはなんなのか、Digital Singleとはなんなのか、Demo Singleとはなんなのかを理解することができましたか。

適当に表記をしてしまうと後になってホームページを見た方がこれは会場限定なのか携帯で聴けるのか、全国流通なのかわからなくなってしまいます。

そしてこのような知識は教えてくれる人はなかなかいません。

今のうちにしっかりと意味を理解しておいてくださいね。