実現するために準備をしよう

考え方

お疲れ様です!! U-toです。

僕が経営している音楽事務所Bright Soundは新しい楽しいことをしていきたいと常に思っています

応援してくれているみなさんやアーティストが斬新、新鮮、飽きがこないようにいろいろな発表をしてきました。

しかし今まで発表してきたものはすべてなにも考えなしにやったものではありません。

何事も慎重に

僕の見た目からやっちゃえみたいなイメージで動く人間だと思う方も結構いるのですが意外と慎重派です。

考えに考え抜いて準備をすることで実現しています。

急ぐのと焦るのとでは違うとよくアーティストには話すのですが急ぐことはあっても焦ることはしないようにしています。

焦ると絶対によくない方向に進みます。

まず慎重に物事を決めてから実行に移しましょう。

口に出すことが重要

例えば千葉のエンディングタイアップ。

3年前のBright Soundには全体ミーティングというものがあったのですがそのときアーティストには千葉テレビのエンディングがやりたいと話していました!!

理由としてはMost Lady Killerは千葉での活動が多く配信限定(Digital Single)リリースをしても千葉でダウンロードしてくれる方が多いのでプロモーションとしてやりたかったわけです。

そこから繋がりや機会を増やし行動することで実現しました!!

Most Lady Killer / サヨナラの前に(千葉テレビMUSE9エンディング楽曲)

最近力を入れているBright Soundグループですがこれも2年前くらい前からグループを作りたいと言い続けてきました。

それが縁あって僕の周りに意識の高いアーティストや経営者が集まってきたのです。

大事なのは準備をすること

1つ1つの行動すべてが繋がっています

なにが言いたいかというと焦って結果ばかり求めていると中身がスカスカの実績になるということです。

確かに慎重になりすぎてなにも進まないのはいけないことです。

どうアプローチして実現させるか、その実現したものをどう宣伝していくのか。

大事なのは準備

結果よりも準備に神経を集中させましょう。

その結果意外ないい方向に進む場合もありますよ。