YouTubeでアップされている「アーティスト名 – トピック」の正体

お役立ち情報

お疲れ様です!! U-toです。

今ではライブだけではなくリリースも音楽活動の1つとなってきています。

そんな今日はYouTubeでアップされている「アーティスト名 – トピック」のチャンネルについて書いていきたいと思います。

アーティストはまず音楽配信リリースをしよう
お疲れ様です!! U-toです。 僕はリリースしてなんぼという考え方を持っていると以前からお話ししていますが理由を話していなかったですね。 アーティスト支援においても今1番に勧めているのはオリジナル楽曲制作と音楽配信(Digit...

アーティスト名 – トピックの正体

YouTubeを見たときに自分の楽曲が勝手にあがっていると焦ったことはありませんか。

それがアーティスト名 – トピックという名前だったら安心してください。

それは違法であげられているものではありません。

リリースのときにYouTube Musicからリリースしているとアーティスト名 – トピックというYouTubeチャンネルが作られてしまうんです。

これはアートトラックと呼ばれているものです。

Most Lady Killerでいうとこんな感じ。

Most Lady Killer - トピック
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

今までリリースした楽曲がフルサイズでYouTubeにあがっています。

せっかくリリースしたのにYouTubeであげられちゃうとお金が入らないのではと心配するアーティストがいると思いますがこのYouTube Musicで楽曲が再生されればちゃんと印税が発生しアーティストへ還元されるんです。

他のダウンロードサイトだといちいち会員登録しないといけないのですがYouTube MusicはYouTubeなので登録なしで聴けるというのがお手軽ですよね。

YouTube Musicとは

たくさんのアーティストが使用しているTuneCore JapanだとYouTube Musicはこんな感じで紹介されています。

YouTubeが運営する世界最大級の動画配信サービス『YouTube』および 音楽ストリーミング配信サービス『YouTube Music』の総称です。

あたなの楽曲は、YouTube版のサウンドレコーディング “アートトラック” が自動的に生成され、『YouTube Music』が展開されている地域にて配信されます。

「YouTube Music」では、アートトラックとともにYouTube上の音楽コンテンツや公式ミュージックビデオなどが、さまざまな端末(PC、スマートフォン、タブレット等)で利用が可能で、有料会員であれば、広告が表示されず、アプリ上でオフライン再生やバックグラウンド再生、画面ロック中の再生も可能となっております。

「YouTube Music」を通じてあなたの楽曲をより多くのユーザーにストリーミング配信することが可能です。

YouTube Musicからリリースしよう

たくさんの人が利用しているYouTubeで手軽に聞けて印税までもらえるなんてアーティストからしたらとてもうれしいことですよね。

もしリリースしているアーティストがいたら是非ダウンロードサイトに加えてみましょう。

ただTuneCore Japanの速報レポートでは数字として反映されないので注意してくださいね。

アーティストも応援してくれているみなさんもこのアートトラックについて是非注目してみてください。

配信限定リリースは個人アカウントではなく企業アカウントでリリースしたほうがいい理由
個人アカウントと企業アカウントについて書いてみました。 もちろん個人アカウントよりも企業アカウントからリリースしたほうがいいです。 個人アカウントのデメリットについて理解しましょう。
レコーディングをするときは事前に歌い方を決めておこう
オリジナル楽曲と向きあって歌い方を自分の中で決めてからレコーディングをしましょう。 何回か歌って違う歌い方ではレコーディングは終わりません。
タイトルとURLをコピーしました