メジャーデビューはするべきなのか

お役立ち情報

お疲れ様です!! U-toです。

アーティスト活動をしていると目標としてメジャーデビューしたいなと思う日が来るかもしれません。

そんな今日は本当にメジャーデビューはするべきなのかをテーマに書いていきたいと思います。

メジャーとインディーズの違い

メジャーとインディーズの違いについては以前のブログでも書いたのですが簡単に説明すると発売元が違うということです。

インディーズは所属事務所からリリース、メジャーは所属事務所からメジャーレーベルへ委託してのリリースとなります

メジャーはインディーズと違い資金面や繋がりの多さが違うので宣伝や活動の幅が広がるのが大きいですね。

詳しい内容や関連記事を下記に載せておいたので時間があるときに見てください。

インディーズアーティストの活動サイクル
ライブ→野外ライブ→配信リリース→CDリリースがアーティストの活動の流れです。 それを時計回りにしてみてください。 まずはリリースをしてからライブをしましょう。
アマチュア、インディーズ、メジャーの違いを理解しよう
みなさんはアマチュア、インディーズ、メジャーの区別がちゃんとついていますか。 もしわからない人はこれを見て勉強してください。

ゴールデンボンバーさんの出現

インディーズで最も売れているアーティストで思い浮かぶのはゴールデンボンバーさんなのではないでしょうか。

メジャーアーティストだと思っている人もいると思いますが恐らく今もインディーズで活動していると思います。

昔はメジャーに上がって活動することが成功の証のようなものがありましたがゴールデンボンバーさんの出現によりその考え方がひっくり返りました。

今インディーズアーティストが目指すところはゴールデンボンバーさんのなのではないでしょうか。

メジャーのデメリット

メジャーは宣伝力や繋がりが多いなどメリットもありますがもちろんアーティストにとってデメリットもあります。

先ほどゴールデンボンバーさんのお話しをしましたがインディーズのいいところは縛られず自由に音楽活動ができることです。

1フレーズや歌詞に関する楽曲制作にも売れてくると意見を言ってくれるようになるのですべて自分がやりたいようにできなくなるともいわれています。

またメジャーで売れるアーティストはいいのですがそこまで実績や人気がないのにメジャーに行ってしまいなかなか結果が出せないアーティストはCDの売上をメジャー事務所、所属事務所、アーティストと分散されるのでインディーズで多少の利益があったアーティストでもメジャーになって同じような利益をあげられるのかはわかりません

だからこそインディーズで売れるというものを目指すアーティストが増えたのだと思います。

メジャーとインディーズどちらが正しいのか

しかしもちろんメジャーにあがることで自分の名前に箔がつき露出したりメジャーアーティストの仲間入りができるといういいこともあります。

だれでもメジャーにいけるわけではありません。

そしてメジャーとインディーズどちらがいいというものでもありません

自分にはどちらで活動するのが合っているのか考えながら活動してください。